ブリヂストン90スポーツ

Vol:13 ポートへの挑戦
(2010年11月)

月日はめぐり次のツーリングがまた近づいてきました。
吹けないエンジン、なんと前回のツーリングではBS90S一回休みで ヤマハH1を緊急登板。
一度H1で様子を見ましたが、やっぱりツーリングは90スポーツ。
前回のツーリングで吹けないエンジンは
メインを更に5番落として95番で回るようにはなってます。

どうしたものか?
エンジンチューンしたつもりで ノーマル状態よりもメインを絞って いいわけない!
ノーマル状態に戻すか? イヤイヤそれでは勝てない
  ・・・・・これしかないか・・・・・と
ポートを触ることを決意!

と言っても、経験豊富なわけではなく 不安いっぱい。
実は90スポーツ用のメッキシリンダー予備の良好中古品を持っております。
先輩諸氏の意見を参考にして
今回は排気ポートのみを軽く試してみます。

オールアルミのシリンダーはサクサク削れます。
「軽く」のつもりでもスグにアルミ粉は大量に




そして 削った結果
(正しいのか?間違ってるのか? そんなものは当人も判ってません。あしからず)



再び メイン120番から   ×(濃い)
いきなり105番   ん?イケル?
試運転に出かけます。吹けます ギューーンと加速します。久しぶりの感覚。
3速までは元気いっぱい 4速はやっぱり反応は鈍い。
回しきったところで チリチリする感じが気になる。プラグはきつね色、
110番に変えます。
105番の説きほど伸びきる感じはないですが、十分に吹けてる感じ。
チリチリするのは消えた?
4速での反応は少し良くなったような気もします。

よし これで行ってみよう。
待ってろ J1T!!
次のツーリングは またしても「うどん巡礼の旅」

原2ツーリングの記事へ

90スポーツの記事へつづく