職場うどんツーリング
2011年6月6日(月)


冬の川湯温泉に引き続き、珍しく職場のツーリング企画が続きます。
ならば得意の「うどん」の案内をと、目的は讃岐うどんと四国の気持ちのいい道です。
3日前まで降水確率80% これは絶対に中止と思っていたところ
前日0%予報に急転。


朝4時!第一地点集合。

 

夜明け前から始まるツーリング 気に入ってます。
他のメンバーは若干引いてたか?


阪神高速を一路西へ 空は黒⇒紫⇒青へと刻々と変化していきます。
西宮ローソンにて更に三人合流。
5時40分三宮出港のフェリーに間に合うか?
40キロ制限の国道43号を西へ、早朝でも信号多し。
少々遅れ気味でしたが、何とか間に合いそうと思ったその時
道を間違えて高架バイパスを上がって行く一台あり・・・。
「オイオイ・・・」 今回もF君は別行動??
いえいえ、ギリギリ間に合いました。慌しく全員集合。

 

「急いで!!」と促されながらの乗船。平日の早朝便はガラガラでした。
朝5時40分出航、到着までの4時間ゆっくり過ごします。
このフェリー移動のゆったりした時間・日常を離れた時間。ええわ〜〜。

  


9時40分くらい、定刻より少し早く高松到着。
市内中心部を通過し坂出方面へ。
一軒目は「がもううどん」
平日の昼前はさすがに少ない。
前回食べそびれた『小海老のかき揚げうどん』を頂きます。
パリパリの香りのよい天ぷら うどんに合います。

   


次、即移動にて二軒目「たむら」へ。15分後?には二杯目を。
こちらでは、冷たいお出汁であげさんを入れて『きつねうどん』で。
腰の強い麺に、いりこの出汁が効いてます。

  


更に、移動三軒目待望「山越うどん」へ。
何度も讃岐にうどんを食べに来ていますが、いつも土日
「山越」は長蛇の列につき、あきらめていました。
『釜玉うどん』発祥の店として有名。当然「釜玉」を頂きます。思わず芋天に手が伸びる。
システム化されたセルフ、緑いっぱいの中庭で頂くうどんです。

  

やっぱり本場讃岐うどんはウマイなぁー。
三杯立て続けに頂くとさすがにお腹いっぱい。
参加者の紹介です。今回は総勢6名!平日しか実現しない職場のツーリングです。

   
Z1000R・ローソンレプリカのWさん。                                  F800GSのIさん。    
讃岐どころか、今回四国初上陸だったとか。                     長距離ツーリングの王道BMW。トラブル無縁。
山あり海ありの四国一般道 良かったでしょう?                        今年だけで立て続けに四国三回目。  

          
  GPZ900R・NinjyaのTさん。                                         CB1300のMさん               
やっぱり4気筒なのか?スポーツスターから乗り換え              普段はゼファー1100らしいのですが、急きょ友人からの借用。
久しぶりの大人数ツーリングを楽しんでいました。          現行の高速安定感は圧巻。スピード出しても怖くない。これってどうよ?

   
SV400SのFくん。                                      私は今回KAで。
ついてない男代表。前々回途中故障・前回集合に遅れてソロツーリング。               うどんツーリング 原2以外は初めて。
今回はぐれた?イエイエ問題なし。と思ってたら休憩中買ったばかりのi Pad2地面に落とす…  後続のみなさん 煙たかった?許して〜


さて、一行は金比羅さんへ向かいます。
讃岐初めての方も多く、みんな名物の階段を上がって行きましたが、私は途中の山門にて休憩。

  

  


そして、金丸座へ。現存する日本最古の歌舞伎劇場。
500円払ってゆっくり見学します。
木造のこじんまりとした空間。舞台と客席は近く、一体感ある舞台を想像します。
隅々までゆっくり見学し、解説までしてもらいます。

  

  


日帰りの帰路は四国を東に向かい鳴門から高速で淡路経由の予定。
国道11号線を走るのが定法でしょうが、幹線道を走っても面白くない。
一転南下 高知方面へ  アレレ後続が来ない。
引き返すと、ナンバーのちぎれたローソンレプリカ。
ヘッポコもこのくらいだと笑えます。品川ナンバーが泣いてます。

 


気を取り直して向かうは四軒目「三嶋製麺所」
前回原2ツーリングでも訪れた秘境ともいえる山あいの集落にある看板もないうどん屋さんです。
頂くは「しょうゆうどん」
暖かいうどんにネギのせて 自家製?一味かけて しょうゆをクルリとかけるのみ。
素朴ですが、やっぱり旨い!!
メンバーも、このうどん屋さんには驚く。知ってないと「絶対に」たどりつけません。

  

ここから、気持ちのいい四国の山道を走ります。
好天&季節もいい のんびりとした快走路。

  

R197からR377を抜けて、引田でR11に合流 山道から一転 海沿いの道。
鳴門までは気持ちよく走ることができました。


鳴門まで一気に走って 高速道路。
鳴門からの高速、嫌な思い出が蘇ります。夜中一人での焼き付き事件。リアタイヤフルロック。
単車はブリヂストン180でした。 ポーラスメッキシリンダーは一発アウト!
今回も2サイクルしかも3気筒 「焼きたくない!」 なんとなくセーブしてたら、みんな一気に前へ。
エンジンは振動と共に「ギャーーーンンン」とけたたましく叫ぶばかり。
思うのは「壊れませんように・・・」 と、 いつでもクラッチの心の準備。
高速道路は好きでありません。景色は変わらず、単調でスピード出したところで楽しくもなく。
しかし、距離は稼げます。あっという間に明石大橋たもとの淡路SA。

 

一応ココで解散です。
明石大橋を渡って三車線のトンネルの中 
「紺色のクラウン」に警告?脅かし?を頂いたものの 全員無事で何より。
赤色回転で先行したクラウンを避け、予定を変えて別ルートで帰宅しました。

片道フェリーを使って 日帰り讃岐ツーリング。
走行はトータル4000キロ弱か。
食べてよし、見学してよし、走ってよし
何度行っても讃岐は飽きることなし。
恐るべき讃岐うどん


おわり